読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

relax in the blog

日々の出来事や感じたことをつらつら書きます。

転職日記① 転職を考えたきっかけ

社会人4年目も終盤に差し掛かり、最近、転職を考えています。転職したいという話をした時に、周りの人からよく聞かれることをまとめたいと思います。

甘い考えかもしれないし、自分には向いている仕事があると思っているピーターパン症候群の可能性があるのでコメントもらえると助かります。


今の職場


現在、僕はサブコンに勤めています。サブコンの仕事は建物の空調設備や衛生設備を設計や現場監督。
建設業界の魅力は何と言っても一つ一つの建物がオーダーメイドなので、同じ仕事が二度とない。巨大な建物が出来上がっていく過程が面白い、給料が高い。といいことづくしのように聞こえます。

デメリットは長時間労働、転勤が多い、いつ客先から呼び出されるのかわからないので長期休暇の予定が立てられない。建築の現場作業員から罵声の嵐。

 

転職を考えたきっかけ


社会人2年目の終盤から転職を考え始めました。その理由は長時間労働により、仕事以外のことをする時間がほとんどないからです。

就業時間はこんな感じ
定時は8-24時、1ヶ月の休みは4日間

 

親友からの誘いも仕事を理由に断る

 

就職活動中は大きな建物が出来て完成したらどんなにやりがいを感じるのだろう!男の生きがいは仕事だから、長時間労働かかってこい!と意気込んでいました。いざ働いでみると、社内の人は本当に遅くまで、残業して家に帰らないし、休日は日曜日だけ。定時が8時ー24時なので、22時頃になってから、今日はそろそろ帰ろうかなと思うほど、社畜状態。たまに土日休みがあるけど、わかるのも早くて1週間前ぐらいなので出かける予定もたてれない。友達から旅行の誘いが来ても『休み取れるかわからないから、また今度誘って』といって断る。
自分に会いたいと思って誘ってくれる友人よりも、自分がいなくても何とかなる仕事を優先してしまうことに嫌気がさしていました。

 

転職したいと思った時に考えること

 

1.雇用期間中に転職活動するor退職してから転職活動する


志望理由や自己PRなどの書類を仕事しながら考えるのは大変だし、仕事が忙しくなると手がつけられなくなりそう。辞めてから転職活動をしようと思いましたが、僕が仕事を続けながら転職活動をする理由は『本当に転職したいのなら仕事しながらでもできるでしょ。』と考えたからです。寝るとかご飯食べるのはどんなに忙しくてもする。本当にやりたいことなら忙しくてもできると思っているので仕事しながら転職活動をしています。

 

2.転職したい理由が明確で、今の職場では実現できないのか?


転職したい理由は長時間労働と休暇計画が立てられないからです。


長時間労働


業務の大半はやりがいもない単純作業です。業務量が多いので長時間働くことになっています。


休暇計画


いつお客さんから呼び出しが来るのかわからないし、次の現場がいつ決まるのかわからない状況では1ヶ月以上先の計画は立てられません。

 

3.起業したらいいのでは?


起業するほどやりたいことがあれば、起業しています。

 

まとめ


転職活動では次の3点が実現できる仕事を探していきます。
1.就業時間がすくない。残業時間は月30時間程度
2.毎週土日休みで、有給が取得しやすい
3.転勤が少ない。あっても5〜10年に1回程度。